工業セクター 欧州株

エイ・ビー・ビー(ABB)の決算情報(ポイントを絞って分かりやすく解説)

さて、今回も続いてEV関連銘柄を紹介していきます。

今回はスイスの重電メーカー、ABB(NYSE: ABB)です。
日本で注目してる人は殆どいないでしょう、発電所や変電所向け機器メーカーで、我々が普段見ることは先ずありません
(が、私は仕事でこのメーカーの機器をよく見ましたし、当時はメーカーの方ともよくお会いしました)。

実はEVはABBのメインビジネスじゃないんですが、近年非常に力を入れています。

では企業情報を見ていきましょう。

 

ABBの事業内容と競争

ABBは電気機器メーカーで、変電所向けのスイッチギア(要は高圧電気のスイッチです)、ブレーカー、鉄道の変電所向けインバーター等を製造しています。
電気があるところには必ずABB製品があると言っても大げさではありません。
ただ、日本だとこの分野は東芝や三菱電機が強いので、国内に限ってはABBの機器はあまり見かけないかもしれません。

EV分野では、ABBはEV充電インフラを提案しています。
製品としては普通の100V、200V単層交流の充電設備から、急速充電設備、大電力充電設備、電力制御装置等、幅広く取り扱っています。

EV充電インフラの分野で、ABBは世界2位の実力を持ちます。
元々電気機器では世界中に実績があったので、EV充電設備でも自然と大きなシェアを獲得しています。
世界的な需要に応える為に、2020年にはイタリアに専用の工場を建設開始しました。

 

ABBの顧客と需要

ABBの顧客(EV充電)は、ショッピングモールやガソリンスタンド、住宅、マンション、コンビニ(日本だけですが)等、様々です。
現時点では充電に時間が掛かる上、走行距離も短いので、様々なところに充電設備を設置する必要があります。
2020年時点では、充電ステーションの設置数は年々加速度的に増加しており、今後もこの傾向が続く見通しです。
是が非でもEV普及を推し進めるなかで、充電スタンドの社会ニーズが高まっています。

 

ABBの業績


売上、利益は2014年まで上昇していましたが、それ以降は減少傾向です。
中国の経済停滞、各産業において設備投資が停滞していたことが主な原因と見受けられます。
2020年の突出した利益はパワーグリット部門の売却益です(日立が買収しました)。
2021年第1四半期の売上は前期比6%増の69億ドル、純利益は34%増の5億ドルです。
各業界において在庫積み増しの為の注文が入り、売上が増加したとのことです。

 

ABBの株価、各指標、配当


株価は長らく10~20ドルの間をうろついていましたが、2020年から急激に伸びていますね(最新の株価はこちら)。
PERは緩やかに上昇傾向でしたが、直近の純利益が大きかったので急激に減少し、2021年6月8日のPER=14.01です。
予想PERは27.80で割安の水準ではないので注意が必要です。
ROEも2020年で急激に増加し、2021年1QはROE=35.35%ですが、瞬間的な数値として見るべきです(その前は約10%でした)。


配当金はほぼ横ばいで、2021年6月8日時点で配当金は0.51ドル、配当利回りは1.46%です。

 

ABBの財務諸表


2020年は減収増益です。
売上減少はコロナの影響とのことです。
純利益の増加は事業売却によるものです。


流動比率は124%と標準的な水準で、支払い能力も問題ありません。
自己資本比率は38%と、ずば抜けて高くはありませんが、すぐに倒産というレベルでは無いです。


営業キャッシュフローはプラスですが、2019年よりはへこんでいますね。
投資キャッシュフローは大きなプラスで、事業売却によるものです。
財務キャッシュフローは大きなマイナスで、自己株買いや借入返済に充てられました。
株価が低迷していたとは言え、事業売却で得た費用を自己株買いに使うという、少し謎の資金の流れです。

 

ABBの業績予想

2021年の業績予想は売上が昨年比約5%増となっています(約274億ドル)。
2021年後半からはコロナから回復し、売上が増加する予想を立てています。
只、2020年は事業売却益があったので、2021年は純利益が落ちる筈です。

 

ABBの総評


ABBの個人的な総合評価は70点です。
充電設備のニーズはEVより先行しており、今後更なる設置が求められている状況です。
電気設備に強いABBは、受電設備からスタンドまで、全ての機器を提案できる強みがあります。
しかし、収益力、財務安定性、成長性がイマイチです。
増配できるほどの余裕が無いのも気になりますし、資金の使い方も今後の成長を考えているようには感じられません。
個人的には好きな会社なので投資したかったのですが、企業戦略がもうちょっと良くなるまでは、ABBの株を買うのは難しいです。

以上、ABBの株情報でした。

引用元
https://www.macrotrends.net/
https://www.google.com/finance/
https://global.abb/group/en

-工業セクター, 欧州株

© 2022 しーおががの米国株ブログ Powered by AFFINGER5