株式投資の方法論

インフレ下でも株式投資で確り儲ける方法!資源株は本当にインフレに強いか検証してみた

こんにちは!

最近ニュースでは「インフレだ!スタグフレーションだ!」とよく聞きますよね。私も「ああ~大変だな~」と思いながらニュースやネットの情報を見ていたのですが、「インフレなら資源株」という説をチラホラ見かけたんですね。「資源が高騰、注目!」という意見もよく見かけるんですが、今から投資して本当に大丈夫なのか違和感を感じていて、本当にインフレなら資源株に投資なのか、過去のチャート等を少し調べて見ました。

「これからインフレになるらしいけど、どうしたら良いの?」「今資源株に投資すべきなの?」という方は是非下記を参考にしてください。

ではさっそくいってみましょう!

 

なぜ資源株はインフレに強いと言われる?

そもそもこの説ですが、インフレなら資源株に投資するのが良い、その諸説の理論はよく分かりませんでした・・・

どうも市場全体?投資家全体?でそのような動きがあるらしいです。インフレ率が高いほど、S&P 500よりも、資源株の方がパフォーマンスが上だそうです。

他人の説をとやかく論じるより、実際に見た方が早いですね!確かめる為に過去のデータを見てみましょう!

 

アメリカのインフレ率と資源株の株価

(出典:TRADING ECONOMICS

上記はアメリカのインフレ率です。直近でインフレ率が高かったのは2017年、2018年上旬、2020年です。今年は確かにインフレ率が非常に高いです。

(出典:MARKETS INSIDER

上記は原油価格ですが、原油価格のピークは2018年上旬ですね。今日も再び原油価格が高騰しています。

(出典:Yahoo!Finance

上記は資源株のETF(S&P 500 天然資源ETF)です。原油価格と株価が大体一緒の動きで、株価が2018年にピークをうち、今日は再び最高値に迫る水準になっています。

上記を見ると「インフレになったら資源株のパフォーマンスが高い」のでは無く「インフレになる頃にはもう資源株の株価は高過ぎる」ということだと理解できます。

それもその筈、原油が高騰してインフレが始まる筈なんです。インフレとはモノの値段が上がり続ける状況ですが、モノの値段が上がるときは、原料や仕入先の値段が上がって、最後に最終商品の値段が上がるのが普通です。あらゆる産業において、原油は上流に位置するもので、モノの値段が上がるときに一番最初に上がるものの一つです。原油価格=資源株の株価が上がったから、インフレが起こるのであって、資源株を買ってもインフレのヘッジにはならない(そもそも何をどうヘッジするのか??)ように見えます。

 

インフレに強い株はどれ?

では本当にインフレに強い株とはどれなんでしょうか?


(出典:Yahoo!finance

上記はS&P 500の株価チャートです。「インフレなら資源株、○○株」と言うことを良く聞きますが、そもそもS&P 500じゃ駄目なんでしょうか。上記チャートを見ると、インフレ率が高くても低くても、S&P 500は安定的に株価が伸びていってます。2020年のコロナショック後にインフレが加速していますが、それに合わせてS&P 500も急上昇しており、寧ろインフレには強そうです。過去の株価チャートを見る限りでは、インフレ下でも普通の株、インデックスで問題無さそうです。

 

資源株を買う最適なタイミングは?

では、インフレに強い筈だった資源株は、どのタイミングで投資するのが最適なんでしょうか?

既述の通り、資源株の株価は100%原油価格で決まると言っても過言ではありません。従って、基本的には原油価格が大きく落ち込んだタイミングで買うのが最適になります。

只、原油価格がどこで底値なのかは誰にも分かりません。そこで目安にしたいのは景気です。原油価格や資源株がどのタイミングで底値になったのか見てみたのですが、一般的に言う「不景気」のタイミングで原油価格が安く、資源株も低迷していることが分かりました。


(出典:J.P. Morgan

上記図の青色の帯が米国が不景気だった期間です。直近で言うとコロナショック、その前では2008~2009年頃になります。なので世間やニュースが「不景気だ!大変だ!」と騒いでいれば、資源株の買いのチャンスということになります。

 

まとめ

資源株がインフレに強い株なのか、インデックスはインフレに弱いのかを調べて見ました。

インフレに強いという考え方もどうかなと思ったのですが、「資源が高騰している、この波に乗れー!!」という雰囲気があったように感じたので、本当に大丈夫かなと思って、今回色々分析してみました。

上記の違和感を感じたのも、資源株に結構近い性質があるコモディティ株(ヴァ―レ)で私が手痛い仕打ちを受けた経験があったからです。資源株もコモディティ株も、100%市場価格に揺さぶられる、変動が大きいリスキーな株です。投資するタイミングを間違えると大きな損失を被ってしまいます。どちらも「今株価が上がってるぞ、イケイケだー」と考えて投資するのが一番最悪な株なので、今は石油もガスも石炭も高騰している状態で、投資には一番危険なタイミングだと思っています。

コモディティ株と同様、資源株も仕込むのはかなり早いタイミングでないといけません。また不景気は必ず来ます(今は別に好景気ではないですが・・・)、資源株に投資するのはその時でも良いのではないでしょうか。

インフレに強いという意味で言えば、そもそもモノを高く売れる(仕入価格も上がってしまいますが)ことは企業にとっては好機であって、株式投資をしているのであれば、資源株に資産を寄せたり、ジタバタする必要は無いんじゃないかと思ってます。

以上、「インフレ下でも株式投資で確り儲ける方法!資源株は本当にインフレに強いか検証してみた」でした。

↓最後にブログランキングをポチッと押して頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ   

-株式投資の方法論

© 2022 しーおががの米国株ブログ Powered by AFFINGER5