おすすめ銘柄

高配当で確実に儲けられる!?公益セクター(米国株)のおススメ銘柄3選

私事で恐縮ですが、現在私は公益セクターの株を探しています。ディフェンシブ株のなかでも特に安定した需要が期待でき、株価の変動も比較的小さく安定しているからです。

そこで、今回は公益セクターで魅力的なおススメ銘柄を紹介したいと思います。どの株を選んだら良いか分からない方は、是非下記を参考にして下さい。

では早速いってみましょう!

 

銘柄の選定方法

発展途上国で無い限り、顧客が増えないので大幅値上がり益を期待できない公益セクターでは、配当利回りを重視します。

具体的な銘柄の絞り方は下記ブログ記事を参照下さい。

これで貴方も配当マスター!配当金で確り収益を得る公益株の選び方

54社のなかから、高配当なだけで無く、確り増配しており、業績も安定しているものを厳選しました。

 

公益セクターのおススメ銘柄3選

上記の方法で最終的に残った有望な銘柄は下記3社です。
・サザン・カンパニー(NYSE: SO
・ノースウェスタン・エナジー(NASDAQ: NWE
・アレット(NYSE: ALE

 

サザン・カンパニー


(出典:Seeking Alpha

サザン・カンパニーは電力会社で、全米に発電所を有していますが、一番発電所が多いメインの地域は本社があるジョージア州と、その隣のアラバマ州(南東部)です。エネルギーのメインはガスが大半、残りは石炭、原子力、再生可能エネルギ―等です。

最新決算(2021年2Q)は前期比増収減益、EPS(一株当たり純利益)は0.84ドルでした。燃料費が高くなったので、売上原価が上がって利益が小さくなったということです。脱炭素の影響だと思いますが、天然ガスの価格が上がっているので、今後供給が落ち着く迄、電力会社におけるコスト増の状況は続きそうです。


(出典:reuters

上記は2021年度の業績予想ですが、僅かながら増収増益の予想です。1Q、2Qの実績を見た限りでは、上記業績予想は達成できそうです。燃料費増も業績予想に既に反映されていたように見受けられます。


(出典:macrotrends

上記はサザン・カンパニーの株価、配当、配当利回りです。2005年頃からずーっと増配を続けているので素晴らしいの一言です。株価が高いのが少し気になりますが、今までは業績が非常に安定していたので、今後もそのペースを維持できるのであれば問題は無いと思います。

 

ノースウェスタン・エナジー


(出典:NorthWestern Energy

ノースウェスタン・エナジーは電力会社で、社名の通りアメリカの北西部、モンタナ州とサウスダコタ州が主なエリアです。かなり再生可能エネルギーに力を入れており、発電のうち水力が35%、風力が29%と主力を担っています。

最新決算(2021年2Q)は絶好調で、前期比増収増益のEPSは67%増の0.72ドルでした。基本的に顧客が増えない公益事業において、この業績の伸びは異常です。送電、電力量が増えた為、利益が増加したということです。


(出典:reuters

上記は2021年の業績予想で、僅かですが増収増益の予想です。1Q、2Qの実績を見た限りは、上手くいけば上記予想を超えそうな勢いです。


(出典:macrotrends

上記はノースウェスタン・エナジーの株価と配当ですが、コロナショック以外は株価が大きく落ち込んだことは無く、安定性は高そうです。2010年からずっと増配を続けてきているので素晴らしいですね。配当利回りが少し低いですが、今は株価が下げトレンドなので、待てばもう少し安く買える(つまり配当利回りが良くなる)ことが期待できます。

 

アレット


(出典:Park Rapids Enterprise

アレットは主にアメリカ中西部に電力を供給している会社です。発電量は石炭が一番多く、次に風力、水力の順番になっています。他にバイオマスや天然ガス、太陽光もおこなっています。

最新決算(2021年2Q)は増収増益と絶好調で、EPSは前期比35%増の0.53ドルでした。事業所向け、及び自治体向けで電力消費量が増えたということです。


(出典:reuters

上記の業績予想では、2021年度は増収減益の予想です。2021年はコストが嵩む年のようで、2022年以降に期待したいところです。


(出典:macrotrends

上記はアレットの株価と配当ですが、コロナショックで少し株価が落ち込んだものの、基本的には右肩上がりの傾向です。配当は2005年からずっと増配傾向で、今後も増配が期待できます。8月から株価が落ち込んでいるので、上手いタイミングで購入すればお買い得なレベルでアレットの株が保有できそうです。

 

まとめ

安定した配当が期待できる、公益セクターのおススメ銘柄を紹介しました。

3社何れも今後も増配が期待できる魅力的な銘柄ですが、私にとって特に魅力的なのはノースウェスタン・エナジーですね。脱炭素の影響で現在はエネルギー転換が求められるので、今後公益セクターは大荒れがしそうな予感がしますが、既に再生可能エネルギーがメインになっているノースウェスタン・エナジーは、他社の一歩先をリードしていると思います。再生可能エネルギーはとにかく注目が集まりやすい人気のテーマですが、ノースウェスタン・エナジーは割と株価が高騰していないところも魅力ですね。

今回ご紹介した銘柄は私もこれから一つずつ確り分析しますが、皆さんも可能であれば事前に様々な点を調べた上で投資することをおススメします。

以上、「高配当で確実に儲けられる!?公益セクター(米国株)のおススメ銘柄3選」でした。

公益セクターと同じディフェンシブ株である、生活必需品セクターのおススメ銘柄も紹介していますので、宜しければ下記も御覧下さい。

安定性抜群で初心者でも始めやすい!生活必需品セクター(米国株)のおススメ銘柄4選

↓最後にブログランキングをポチッと押して頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

-おすすめ銘柄

© 2022 しーおががの米国株ブログ Powered by AFFINGER5