ニュース

イーロン・マスク氏のビックマウス再び!テスラ(Tesla)が来年ヒューマノイドを製造する!?


(出典:Nasdaq)

今回はNasdaqの記事「What Investors Need to Know About Tesla's (TSLA) AI Day(テスラのAIディについて、投資家が把握すべきこと)」を紹介したいと思います。

このニュースは先日ブラジル人嫁に教えて貰いました。「テスラの新しいロボット見た?怖いよね」と教えてくれたので、動画を見ましたが、確かにちょっと不気味ですね。

余談でしたが、今回のニュースはテスラの株主にとって吉と出るか凶と出るか、解説したいと思います!

 

注目ポイント

①AIディでテスラはヒューマノイドを来年製造すると発表
②これまでの実例から、イーロン・マスク氏の発言の信頼性はイマイチ
③しかしイーロン・マスク氏の実力は本物なので、信じる価値はあるかも!?

 

原文要約

テスラのAIディは8月19日に実施されました。当日のプレゼンではイーロン・マスク氏がスピーチを行った他、開発予定のロボットに扮したダンスパフォーマーが登場しました。


(出典:USA TODAY

イーロン・マスク氏いわく、来年にはこのヒューマノイドの生産に入るということですが、投資家を「ミスリード」する発言がまた出てきたと、Nasdaqはコメントしています。昨年末迄には百万台ものロボタクシー(無人化のタクシー)が走ると発言した(けど結局実現出来ていない)ことを例に、イーロン・マスク氏の発言(予想)は何時も大げさだということです。

一方で、非現実的なことを豪語するイーロン・マスク氏こそが、他社に先駆けてEVを製造する企業を創ったわけで、今回の発言もひょっとしたら実現する可能性を秘めているかもしれないと感じられます。

今回AIディでのプレゼンを見て、優秀なロボットやAIエンジニアは「テスラで働きたい!」と思ったかもしれません。テスラにとってみれば今回のAIディは、無料で求人広告が出来たのと同じ効果を持つというわけです。


(出典:Nasdaq)

上記はテスラの株価チャートですが、EVの製造によって現在は収益が出ていることから、総じて株価は良いトレンドです。懸念点があるとすれば、半導体不足、将来の業績の伸び(が鈍化するかもしれない)、ヨーロッパや中国でのシェアの低下の可能性です。これらの障害もテスラは乗り越えられると信じられるのであれば、テスラの株を持ち続けるのも選択肢の一つかもしれません。

 

しーおががのコメント

上記の記事を読んで、結構前に読んだ本ですが「イーロン・マスク 未来を創る男 」の内容を思い出しました。イーロン・マスクはもう本当にビックマウスな人だと、昔から有名らしいです。

今回もイーロン・マスク氏としては軽い気持ちで言ったんでしょうね。周囲の「またイーロン・マスク節か」という反応も頷けます。

さて、今回のニュース自体は株価に良くも悪くも影響しないと思います。ヒューマノイド製造の現実性が、イーロン・マスク氏の発言だと、嘘か本当か分からないので。

問題はテスラの経営にどのような影響を及ぼすかです。私は悪い影響しか考えられませんね。単純に、ヒューマノイドはモーション制御が大事な筈ですが、EVは機械の製造精度とバッテリーのエネルギー密度が重要で、別々の技術だと思うからです。

テスラの貴重な人材がヒューマノイドに割かれるくらいなら、課題であるEVのボディの作りを改善した方が良い気がします。

テスラの株情報

 

私がテスラのホルダーなら「やめてくれ~」って感じてしまいます。長期投資であれば、今回のニュースはマイナスだと私は思いました。

以上、Nasdaqの記事「テスラのAIディについて、投資家が把握すべきこと」の解説でした。

↓最後にブログランキングをポチッと押して頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-ニュース

© 2022 しーおががの米国株ブログ Powered by AFFINGER5